便利なサービス

説明をする医師

腎臓病の食事療法としてよく知られるのが、たんぱく質と塩分の制限です。しかし、腎機能が低下した場合は血中のカリウム量が増加してしまうことがあるので、合わせてカリウムの摂取量を制限を行わなければいけなくなります。カリウムを減らす際にまず意識したいのが、果物の摂取を控えるという点です。果物は多くのビタミンを含んで美容にも良いため、欠かさず食べるようにしている方も多くいます。しかし、果物は多くのカリウムを含んでいるので注意が必要です。量を減らすか、カリウムが少なくなっている缶詰を食べるようにしましょう。
葉野菜、根菜などはカリウムを多く含む食材です。葉野菜を食べる際には、カリウムが持つ特性を活かして調理を行なうとよいでしょう。カリウムは水に流れ出しやすいという特徴を似っています。そのため、茹でることによって多くのカリウムを除去することができます。小さく切る事で切り口が増えてよりカリウムが流れ出しやすくなりますので、意識して小さく切るとよいでしょう。また、海藻類はカリウムを豊富に含んでいるので摂取の際は注意が必要です。

腎臓病の食事療法のためには、様々な点に配慮が必要となります。毎日の食生活で腎臓病に配慮した食事を作る時間が無いという方も多くいます。そのような方に知って欲しいのが、腎臓病の食事療法を行えるお弁当を宅配している業者があるということです。そのような業者はプロの栄養士によってきっちり栄養が管理されています。そのため、腎臓にも優しいメニューとなっています。それだけではなく、味も良いです。家庭で減塩の料理を作って味がいまいちだと感じている方でも、プロが調理したお弁当であれば満足できるでしょう。忙しい時だけ利用することもできますので、このような業者を見つけておくとよいでしょう。